生前対策をお考えの方のサポート

生前対策のご相談

よくある生前対策のご相談
  • 生前にどんな対策を行ったら良いでしょうか
  • 遺言書を作成したいのですが、どうしたら良いでしょうか
  • 金融機関が提案する生前対策との違いは何ですか

相続の生前対策というと、一般的には相続税対策や生前贈与など、納税対策を思い浮かべることでしょう。もちろんそれが大事なことですが、親族間でトラブルや争いが生じないための、事前対策という側面も忘れてはいけません。
「うちの家族に限って、争うことはない」という過信が、大きな親族間トラブルに発展する例を、当事務所では何件も見てきました。
愛するご家族に少しでも資産を多く残していただくために。また、相続が「争族」にならないために。なるべく早いタイミングで、生前対策を行いましょう。

節税対策

相続税での節税は、「生前贈与の活用」と「財産評価を下げる」の2つに大別されます。
生前贈与は、被相続人が死別する前に、財産を相続人に贈与し、資産を処分することなく被相続人の資産を減らすものです。相続の生前対策として、最もポピュラーなものです。
ただし、生前贈与を行うと、相続税の代わりに税率が高い贈与税が発生します。そのため、さまざまな特例を駆使して行うこととなります。
また「財産評価を下げる方法」ですが、これは土地などの不動産を所有している場合に有効です。
たとえば、更地にアパートを建てて「貸家建付地」にしたり、小規模宅地等の特例を適用すれば、相続税評価額を下げられます。
その建物が賃貸アパートや賃貸マンションであれば、相続税評価額はもちろん、所得税、固定資産税の節税にもなります。また節税とは違いますが、安定した家賃収入になることはいうまでもありません。
こうした節税対策は、早ければ早いほど効果を発揮します。

もめない対策

相続が発生した場合、もっとも心配されることが、親族間のトラブルです。相続でのトラブルで、親族間の関係性が悪くなったケースは枚挙にいとまがありません。
相続が「争族」にならないために、なるべく早いタイミングで、生前対策を行いましょう。
もめない対策として一般的なのが、遺言書の作成です。遺言書があれば、被相続人が自分の財産をどうほしいか、明確に伝えることができます。
しかしそれでも、遺言書の内容によっては不公平に感じる親族もいるかも知れません。そのために、建物の建っている不動産などは更地にしたり処分するなどして、相続時に財産を分けやすくしておくことも手段としては有効です。

財源(納税)対策

相続税額を下げることばかりに気をとられていると、ともすれば肝心の相続税を支払う資金不足に陥る可能性があります。
相続する財産に多額の現預金があるのであれば、問題はありません。しかし現預金がない場合には「物納用の土地を残す」「死亡退職金を使う」といった財源対策も検討に値します。
また、保険に加入しておいて、死亡時には保険金を受け取れるようにしておくというのも一つの対策といえます。

節税をする上で知っておいてほしいこと

相続税での節税は、「生前贈与の活用」「財産評価を下げる」の2つに大別されます。
生前贈与は、被相続人が死別する前に、財産を相続人に贈与し、資産を処分することなく被相続人の資産を減らすものです。相続の生前対策として、最もポピュラーなものです。
ただし、生前贈与を行うと、相続税の代わりに税率が高い贈与税が発生します。そのため、さまざまな特例を駆使して行うこととなります。
また「財産評価を下げる方法」ですが、これは土地などの不動産を所有している場合に有効です。
たとえば、更地にアパートを建てて「貸家建付地」にしたり、小規模宅地等の特例を適用すれば、相続税評価額を下げられます。
その建物が賃貸アパートや賃貸マンションであれば、相続税評価額はもちろん、所得税、固定資産税の節税にもなります。また節税とは違いますが、安定した家賃収入になることはいうまでもありません。
こうした節税対策は、早ければ早いほど効果を発揮します。

生前贈与とは

生前贈与は、被相続人が死別する前に、財産を相続人に贈与し、資産を処分することなく被相続人の資産を減らすものです。
相続の生前対策として、最もポピュラーなものです。
ただし、生前贈与を行うと、相続税の代わりに税率が高い贈与税が発生します。そのため、さまざまな特例を駆使して行うこととなります。

たとえば、贈与税の1年間の基礎控除額は110万円です。つまり、贈与が110万円以内であれば課税もされずに申告の必要もありません。これが、一番シンプルな生前対策です。
贈与が110万円超えた場合には贈与税が発生してしまいます。しかし、贈与税は1年間にどれだけ贈与したかによって税額が決定されますので、贈与を一度に行うのではなく、比較的低い金額の贈与を長期にわたり行うことで、納税額を低く抑えられます。
また、配偶者控除を利用する方法もあります。
この条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であることと、居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であることです。この場合、2000万円まで課税価格から控除できます。

生前贈与は、まず被相続人ご自身が、資産状況を正しく把握していることが前提となります。
その上で、贈与税と相続税の節税額のプラスマイナスを確認し、上手な節税ができるように種々検討する必要があります。
注意点としては、贈与してから被相続人が3年以内に死別した場合は、その財産は被相続人のものとみなされます。
また将来、税金面や贈与の事実についてのトラブルが発生しないよう、贈与契約書の作成や確定日付の取得を行っておきましょう。
制限はありますが、生前贈与の方法を工夫することによって相続税を減らすことは十分に可能です。

相続税の納税資金準備

相続税額を下げることばかりに気をとられていると、ともすれば肝心の相続税を支払う資金不足に陥る可能性があります。
相続する財産に多額の現預金があるのであれば、問題はありません。しかし現預金がない場合には「物納用の土地を残す」「死亡退職金を使う」といった財源対策も検討に値します。
また、保険に加入しておいて、死亡時には保険金を受け取れるようにしておくというのも一つの対策といえます。

いずれにしろ、相続が発生してから10ヶ月以内に相続税の申告を行う必要があります。いきなり多額の税金を納付できる人は、そう多くありません。中には相続税の納税のために、大切な財産を処分せざるを得なくなった方も少なくありません。そのような事態に陥る前に、事前対策として納税資金の準備もしっかりと意識しておきましょう。

お客様の節税事例

まずはお電話からお気軽に
小さなことや「税理士に相談することかな?」と思う事でも相談できます。
相談したからといって依頼をしなくても大丈夫です。
「何から相続の手続きをしていいのかわからない」といった方は、お気軽にお越しください。
お話を伺い、今後すべきことをわかりやすく説明させていただきます。

60分無料 税務相談 60分無料 税務相談

  • 税理士法人ヒューマン
  • TEL:052-588-2592
  • メールでのお問い合わせ
  • 税理士法人ヒューマン
  • メールでのお問い合わせ
  • top_inq02_sp.png