相続の解決事例

亡くなった父親の隠し子(異父兄弟)との相続をするケース

相談内容

刈谷市在住の田中さん(仮称)はお父様が亡くなり相続の手続きが発生しました。生前お父様は一度離婚されており、その前妻に子供がいると聞いておられましたが亡くなるまで、会ったこともなく、どこに住んでいるかもご存知ではありません。
お父様も離婚されていらい連絡をしていなかったようで、連絡先もわからない状況でした。
お父様名義の不動産もあるため、相続分割について相談にこられました。

当事務所のご提案

1)相続人の調査をします。
2)異父兄弟にお父様が亡くなったことを伝えるお手紙のアドバイスをしました。

相談の結果

手紙を送ってから連絡があり、お父様が不動産を所有されていたことをお伝えすると、こころよく相続登記手続にご協力いただけるということで、その後スムーズに手続をさせていただくことができました。

相続財産が不動産のみで分割に苦労されていたケース

相談内容

西尾市に住む中村さんは、お母様の相続が発生し遺産分割の相談にいらっしゃいました。
既にお父様は亡くなっておられ、相続人は中村さん以外に、ご兄弟の妹さんと弟さんの3人です。お母様の財産は不動産のみで、3人とも自宅所有だったので、どのように分割するか悩んでおられました。

当事務所のご提案

1)ご兄弟3人ともご自宅所有ということで、不動産が不要とのことでしたので、換価分割をご提案しました。
2)また、中村さん以外はお近くに居住されていなかったので、売却のことを考え、中村さんの名義にすることをおすすめしました。
3)弊社から相続専門の不動産会社の紹介を行いました。

相談の結果

ご兄弟3人でトラブル無く、遺産分割協議し、不動産売却いたしました。
換価分割せずに、相続人1人名義で売却代金を分割すると、贈与税が課税される可能性がありますが、換価分割したので問題なく遺産分割されました。

相続税申告が迫っていたケース

相談内容

守山区に住む林さんは、お父様が亡くなり相続が発生したため、不動産、預金、株式の名義変更の相談にいらっしゃいました。林さんのお父様は資産家で明らかに相続税申告が必要でしたが、申告期限まで残りあと1ヶ月ほどでした。
しかし、これまで相続手続きを何もされておらず、期限内に申告できるか悩んでおられました。

当事務所のご提案

相続人には林さんと妹さんがおられ法定相続分の相続を望んでおられました。

1)不動産は共有名義にすると後で面倒なので、不動産は単有名義に、預金と株式で法定相続分での相続になるようにご提案しました。
2)時間がなかったので、戸籍や財産の資料は、お二人の同意のもと、司法書士と税理士で情報の共有を行いました。
3)相続税申告の期限があるので先に申告をし、その後、財産の名義変更をするように提案をいたしました。

相談の結果

問題なく、遺産分割協議がすすみ、なんとか申告期限当日に相続税申告をすることができました。
税理士と司法書士が個別で対応していると、ひとつの業務が終わってから、その次にと時間がかかるため、同意の下、情報共有することで、迅速に対応することができました。

財産の中に株式などの有価証券があったケース

相談内容

岐阜市に住む藤田さんのお父様は、相続財産として預金と土地の他に株式を保有されていらっしゃいました。藤田さんは御兄弟と不平等にならないように遺産分割したいが、どうやって株式を分割すればよいか悩んでおられました。

当事務所のご提案

株式は日々変動するため、証券会社の担当者と念入りに打合せをし、遺産分割協議までに手続き書類を郵送してもらい、協議の直前に残高証明書を発行してもらうように手配しました。

相談の結果

遺産分割協議では、相続人同士争うことなく、終話しました。
株価の変動によって分割協議が難しくなるケースはよくあり、相続人が証券会社に口座を持っていない場合も口座を作る必要があり、それを含めて協議までに事前の準備が必要です。

まずはお電話からお気軽に
小さなことや「税理士に相談することかな?」と思う事でも相談できます。
相談したからといって依頼をしなくても大丈夫です。
「何から相続の手続きをしていいのかわからない」といった方は、お気軽にお越しください。
お話を伺い、今後すべきことをわかりやすく説明させていただきます。

60分無料 税務相談 60分無料 税務相談

  • 税理士法人ヒューマン
  • TEL:052-588-2592
  • メールでのお問い合わせ
  • 税理士法人ヒューマン
  • メールでのお問い合わせ
  • top_inq02_sp.png